よくある質問(Q&A)

クーリングオフ妨害・注意点はここから

クーリングオフ代行.comトップページ クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ代行依頼の流れ・費用 運営事務所

北海道 札幌市 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 水戸市 栃木 群馬 埼玉県 埼玉 さいたま さいたま市 熊谷市 川口市 所沢市 草加市 越谷市 千葉県 千葉 千葉市 東京 東京都 神奈川県 神奈川 横浜 横浜市 新潟 富山 石川 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 大阪市 兵庫県 兵庫 神戸市 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡県 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 北九州 沖縄
Copyright (C) 2001 Cooling-off.com All Rights Reserved.
《掲載内容の無断複写・転載等を禁じます。尚、リンクはフリーです。》

Q質問 A回答
クーリングオフ期間は契約した日から数えるのですか? いいえ、法定記載事項を全て充足した法定書面を受領した日から、その日を含めて計算します。
ですから、書面を受取っていない場合はもちろん、書面不備の場合は法律上そもそもクーリングオフ期間は起算されないということになります。
クーリングオフ期間が過ぎてしまったとあきらめる前に、契約書類をもう一度チェックしてください。
クーリングオフはハガキでも大丈夫ですよね? 最も多い質問ですが、現行法制度上一番確実な方法は内容証明郵便に配達証明を付けて送付する事です。従って、大丈夫ですという断言はできません。また、内容証明郵便であれば何でも良いということではなく、
内容がしっかりしたもので無ければなりません。専門家に依頼すると多少の費用は掛かりますが、何十万円・何百万円という契約であれば、数万円の費用を払ってでも、安心できる方法をお薦めします。。
クーリングオフの通知書はクレジット会社にも送るのですか? 商品・権利・役務提供契約とクレジット契約は、別個の契約です。
従って、クレジット会社にも送付しておく事をお薦めします。
契約書に、会社が複数記載されているのですが、どの会社にクーリングオフの通知書を送ればいいのですか? 通知書を送る相手方は、契約当事者の一方である相手方です。
即ち、契約書に「甲」「乙」と書かれているのを見ればわかり安いかと思います。ただ、それでも判断できない場合、ご自分で出されるのでしたら、一応全部に送っておくことです。(迷っていてクーリングオフ期間を過ぎてしまったら元も子もありません)
クーリングオフはしないという確認書を書かされたけれどクーリングオフはできますか? もちろんできます。 そのようにクーリングオフを妨害する行為は、禁止されています。
インターネットで商品を購入しましたが、クーリングオフはできますか? インターネットで商品を購入した場合、「通信販売」にあたります。
そして、特定商取引法上では、通信販売にはクーリングオフ制度は規定されておりません。しかし、特約でクーリングオフを認めている場合がありますので契約書または、規約等をご確認ください。
ご注意)個人間取引ではそもそもクーリングオフはできません。
使ったものは返せない?
「常識で考えてよ、使ったものは返せないの」といわれた。
「消耗品」に指定されていないものは、使ってしまってもクーリングオフできます。

返品送料は消費者負担?
「では、代金はお返ししますので、商品の送料はそちらでお願いします。」といわれた。
クーリングオフでは、返品送料・返金手数料は、業者の負担となっています。消費者が負担する必要はありません。
引き伸ばし戦術
電話をかけても出ない、電話をかけたら「解約はできない」といわれた。
悪質業者は時間を稼いでクーリングオフ期間を徒過させようと必死です。
クーリングオフは書面で通知するだけでOKです。
電話でやり取りすることは避けましょう。
仮に電話でクーリングオフを承諾したとしても、クーリングオフ期間経過後になって、そんなことは聞いていないといわれたら、証拠(録音)が無い以上、もはやクーリングオフはできなくなってしまいます。
「クーリングオフは承諾するが、違約金は払ってくれ」といわれた。 クーリングオフによる解除の場合、違約金・損害賠償の支払義務はありません。
1年のうちに、同じ訪問販売の業者と契約を繰り返すと、クーリングオフできないの? 特定商取引法では、訪問販売に来た業者が、店舗販売を行っている場合、1年間に2回以上、店舗販売を行っていない場合、1年間に3回以上繰り返し契約した場合、クーリングオフできない旨定めています。
これは、いわゆる御用聞きのような信頼関係に基づく契約を想定したものですから、業者がウソの説明をしたり、急がされて契約した場合など、信頼関係に基づく契約とはいえません。この場合はクーリングオフを主張して、書面で交渉します。
悪徳商法勧誘事例・手口
クーリングオフについて
■ クーリングオフ制度とは
■ クーリングオフ良くある質問
■ クーリングオフ制度の対象
■ クーリングオフ自己判定
■ クーリングオフ期間
■ クーリングオフの仕方・方法
■ クーリングオフ書面の書き方
■ エステ・PC教室等の中途解約
 クーリングオフ関係法令
運営事務所(事務所のご案内)
 ワンルームマンション、不動産売買
 海外商品先物取引(大豆・シカゴ等)
■ 電話機ビジネスフォン等リース契約
■ 太陽光発電装置・オール電化
■ 絵画 ・シルクスクリーン・絵画商法
 ダイヤド等ジュエリー・デート商法
■ 毛皮・コート・スーツ・展示会商法
 レジャー会員権・メンバーズクラブ 
■ 化粧品・美容器・補正下着
■ エステ(脱毛・痩身)・メンズエステ
■ エステの中途解約
■ 浄水器・活水器・点検商法
■ 布団・寝具・点検商法・下取り商法
■ 高級布団・SF商法・催眠商法
■ 電解洗浄水生成器 
■ 掃除機・クリーナー 
■ 補正下着 
■ 家庭教師教材、指導付き習教材 
■ 印鑑・水晶・印鑑商法・開運商法
■ 家庭用ミシン・おとり広告
■ 資格商法・通信講座・二次被害
■ 着物・帯・毛皮・展示会商法
■ ユニットバス等リフォーム 
■ 床下換気扇・排水管洗浄
   屋根工事・外壁塗装他
■ 防犯・火災警報機・装置
■ マルチ商法・ネットワークビジネス
■ 内職商法・在宅ワーク/SOHO 
■ 図書・書籍等の送りつけ商法 
クーリングオフ 代行 し方 しかた やりかた はがき ハガキ 葉書 内容証明郵便 書き方 記入 記載 例 書面 書類 書式 様式 例文 文例 見本 文面 文章例
クーリングオフ代行センター クーリングオフ制度 手続 方法 仕方 やり方 無料相談 注意点 クーリングオフ妨害 内容証明郵便 ハガキ 書面 書き方 例 悪徳商法事例 業者一覧リスト
■ 運営事務所のご案内
■ クーリングオフ妨害・注意点
■ クーリングオフ代行依頼の流れ
■ クーリングオフ代行のメリット
■ クーリングオフ代行依頼者の声
e@mjimu.com
メールが開かない場合はここから)
クーリングオフ代行の依頼相談